親鸞会との問答(続続 白道について)

飛雲」から親鸞会への教義非難
5.白道とは

親鸞聖人 自力の心にあらず
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -- - - - -
高森会長 自力


これに反論した親鸞会の回答
講師部講義(顕真平成25年3月号掲載)

問い

善導大師も親鸞聖人も、白道を他力としてしか仰っていないのではないですか。

答え

前段なしの後段はあり得ません。善導大師は前段を「諸の行業を廻して直に西方に向う」と仰り、諸善を回向して進むと教えられています。善導大師は三願転入の道程を「二河白道の譬え」で示されています。
「前段なしの後段はあり得ず、あとは自他力廃立あるのみです」の一行で、三願転入を否定する者を破邪できます。



これに反論した回答
飛雲」からの反論

問い

前段なしの後段はあり得ません。善導大師は前段を「諸の行業を廻して直に西方に向う」と仰り、諸善を回向して進むと教えられています。善導大師は三願転入の道程を「二河白道の譬え」で示されているではないですか。


答え


では、後段はどこからですか。
三定死の後、阿弥陀仏の喚び声「なんぢ一心正念にしてただちに来れ。 われよくなんぢを護らん。 すべて水火の難に堕することを畏れざれ」を聞いた時から後段ではないのですか。阿弥陀仏の喚び声を聞くのは白道に乗る前です。しかも、阿弥陀仏の喚び声は18願そのものと高森会長も教えているではないですか。
なお、「廻して」は翻しての意味であると前にも言った通りです。なぜなら、阿弥陀仏の18願の喚び声を聞いてその通りに従った者が、諸善を回向することはあり得ないからです。これが自他力廃立です。もちろん三願転入の教えを善導大師が否定されたのが「二河白道の譬え」ということです。




by shinrankaiuso | 2013-04-12 20:02 | ⑤白道について | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sinrankaix.exblog.jp/tb/18528217
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前 :
URL :
削除用パスワード 

浄土真宗親鸞会のデタラメ教義を暴くブログ


by shinrankaiuso

カテゴリ

①一切衆生必堕無間について
②五逆・謗法・闡提について
③善人・悪人について
④獲信のために善は必要か
⑤白道について
⑥定散二善について
⑦19願について
⑧宿善について
⑨機の深信について
⑩善知識への無条件服従について
⑪因果の道理について

最新の記事

親鸞会との問答(因果の道理に..
at 2013-10-12 06:15
親鸞会との問答(善知識への無..
at 2013-04-18 13:14
親鸞会との問答(続続 白道に..
at 2013-04-12 20:02

外部リンク

XML | ATOM

skin by excite